2018年11月06日

2世帯の密着度は完全同居型が高

2世帯の密着度は完全同居型が高く、完全分離型に向って低くなります。コストは完全同居型が低く、完全分離型に向って高くなる傾向があります。高齢者対応のリフォームに関しても、共用部分に手を入れる必要のある工事はなかなかできません。マンションを2世帯同居に利用する例はまだまだ少ないですが、少子高齢化社会を迎えて、今後は供給側も真剣に取り組まなければならないでしょう。バブル崩壊前は、マンションというのは若い夫婦が住宅のステップアップのはじまりとして購入し、数年住んでから、それを売却し頭金にして戸建てへと移行するという流れが意識され、マイホームの手はじめに若い人が買うもののように認知されてきました。しかし今は、売却でステップアップというのも難しhttps://t-of.be/%e3%83%90%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc/



Posted by 高良 まなみ  at 19:00 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。